はじめに

「傾聴って相手の話を否定せずに、黙って聞いていればいいんでしょ」

よくこんな風に言われます。
やり方は合っているかもしれませんが、根本的なことを忘れています。

傾聴は「相手主体」で親身になって聴くという「こころがけ」が、まず必要です。

相手の話をしっかり聴く為に

傾聴技法(スキル)を知り、活かしながら、聴く姿勢を保つこと

「こころがけ(マインド)」と「技法(スキル)」を駆使しながら聴くことで

相手は安心して、どんどん話をすることができます。

話をすることで

自分のこころを言語化し

段々と自分自身に向き合い

こうしていこうかな
こうなりたいな

と、思えるようになり

自分自身で
自分の答えに気付いていく。

そんな人の成長をサポートすることができる

これが「傾聴」です。

さぁ、一緒に

傾聴力を身につけていきましょう

このサイトは、JKPA一般社団法人日本傾聴技能普及協会の情報サイトです。